大分市の戸建住宅(個人住宅)の塗装・リフォーム専門業者プラス416

50代からの賢いリフォーム.com 運営:株式会社プラス416
所在地:大分県大分市福宗1051番地
TEL:0120-144-416 お見積り・ご相談依頼はこちら

HOME > 失敗しないための外壁塗装業者選び

失敗しないための外壁塗装業者選び

 こちらのページでは、住宅塗装業者選びで困っている方へお伝えしたいと思います。

・これから住宅塗装を考えようとしている方
・現在 調査・見積りの依頼をされている方
・既に何社か話しを聞いて(商談)、工事の依頼先を決定しようとしている方


など様々な状況下で住宅塗装業者の選定に困っていることと思います。

外壁塗装なんて、どこに依頼しても一緒?

 住宅塗装を考え始めて、「どこの業者へ見積りを依頼しようか?何社かに依頼した方がいいのか?」と調べてみると、どこの会社(業者)のホームページを見ても、「どの会社(業者)も同じように見える。」「違うのは、社名と材料や価格だけ。」とほとんどの方が住宅の塗装はどこに頼んでも大して変わらないと思ってしまうようです。

 確かに『お客様の満足〇〇』『高品質〇〇』『ただいまキャンペーン中!』などの表現が多く、『この様な工事をしてますのでぜひお任せください。』と画像や動画での アピール合戦のように見えてしまい、モノ売り広告と似ている感じがします。
 これではどの会社(業者)に相談すれば「安心できるのか?正当に判断できるのか?しつこく契約をせまられないのか?」などといった不安を抱えずに対応してもらえるのか見分けることができません。

 また、住宅塗装は、目に余るような仕上りでない限りは どこの会社(業者)が施工してもキレイに見えて、塗り替え直後ではなく、工事終了から数年してからでないと 本当の良し悪しは判断できませんので、なおさら業者選びで困っていることと思います。

頼んで後悔してしまう塗装業者、納得・安心できる塗装業者。どこに、そのような違いがあるのでしょう?

住宅塗装は、目に余るような仕上りでない限りは どこの会社(業者)が施工しても
キレイに見えて、工事終了から数年経過しないと本当の良し悪しは判断できません。


では、塗装業者選びをするうえでどのようなことがポイントとなるのでしょうか?

失敗しない業者選びのチェック・ポイント

外壁塗装業者の良し悪しを見極めるポイントとして、
見積りを依頼する前、または、契約をする前にチェックしてみてください。

頼んで後悔してしまう塗装業者

根拠のない見積り!
現地を調査せず、玄関口や庭で坪数を聞いただけで見積りを算出する業者は注意しましょう!
「この道◯十年のプロだから経験で分かるからまかせて下さい」なんてことをよく耳にしますが…
塗装は、下地の状態、建造物の状態によって適切な工事方法と材料の選定が決まりますから、調査しないで、算出された作業見積りは妥当な金額とは言いがたいでしょう。

※「プロだから、経験が長いから分かる」といった根拠のない自信や見積りのほとんどが「一式◎◎円」のような根拠のない内容で工事をまかせることのないよう気をつけましょう。
サービスと値引で即決を迫る!
「足場無料サービスします。」「立地が良いのでモデルサービスとして安くしますよ。」などの魅惑的なことを言って契約を急かしてくる業者です。

誰だってサービスは嬉しいモノです。
ただ、肝心な中身(提案内容)をしっかりと確認しておかないと後悔してしまいます。

契約するまで帰らないような外壁塗装業者は、お客様より自社の都合(営業成績)が大事です。

また、営業ノルマを課せられた外壁塗装業者の営業マンは、家族と相談させずに、玄関先で「今日、契約してもらえればさらに値引きしますよ!」や「ここの地域ではあなたがはじめてのお客様なので、モニター価格で安くしますよ!」と言うことが決まり文句だったりしますので要注意です。
価格と塗料の性能をアピールする!
会社によっては営業マンが特定の塗料を売るノルマがあるため、塗料の機能性のみのアピールをしてくる場合があります。

例えば、このような感じです。
「この塗料はセラミック性で壁の耐久性が上がります」「この塗料は通常のものより長持ちしますよ・・・」など。

本来なら、壁の下地の状態や建造物の状態を調査して、その塗料になる理由や提案でなければいけません。

いきなり塗料の性能ばかりをアピールするような業者は注意が必要です!
加えて価格をアピールしてくる場合もあります。
例えば
「当社はどこよりも安くします。」
「当社だから実現できる価格です。」
「今しかできない価格設定をしています。」
など。

このような場合は、お客様に分からないように“手抜き”とも呼べる工事をすることで利益が出せるように帳尻合わせ(金額に見合う工事)をしているように見受けられます。
工事後のアフターフォローがない!
工事後にアフターフォローの連絡や定期訪問がまったくない外壁塗装業者も多く存在します。
新規の契約だけが目的の業者です。

契約前までは、こまめに足を運んでくれるのですが、工事終了後はぱたりと連絡がなくなり、そもそも顔を出すことさえもなく、久し振りに顔を出す時は“キャンペーン”の案内だったり…
などはよく耳にする話です。

納得・安心できる塗装業者

明確な見積り!
お客様と日時のお約束をしてから、現地へ訪問し、あらためてお客様の意向を理解してから、現在の建造物の状態や立地環境などを調査します。
(50代からの賢いリフォーム.COMはさらに一歩踏み込んだ調査を実施)
そのうえで写真やコメントでまとめた報告書と明確な理由による見積書を作成し、後日時間をいただいてから補足説明をして理解を求めます。
(50代からの賢いリフォーム.COMは独自のスタイルで見積りの見える化を実現)

※プロだからこそ、慎重さと謙虚さを忘れず、「〇〇だろう」ではなく「もしかしたら〇〇かもしれない」を大切にします。
理解と納得には一定期間が必要!
受注することだけが目的であれば、◯◯サービスは決まり文句と捉え、サービスに気を取られないようにしましょう。

この様なサービスや価格の値引きは魅力的に感じてしまいますが、必要な工事に対する価格には必ず正当な理由があります。

冷静に考えればいかに分かりにくい業界とはいえ、正しくないことと正しいことの判断が見えてくるはずです。

大切な生活の基盤となる住宅のことですから、一定の期間を確保してじっくり考え相談をしてから理解と納得をして契約をすることをおすすめします。
お客様の「なぜ?」を大切にする!
きちんとした業者さんであれば、調査報告書・見積書を作成し、補足説明をして理解を求めようとしますが、言葉とニュアンスや雰囲気で伝える点が多く、お客様の「なぜ?」に対して明記されている事項が少ない場合があります。
そのため後日になると、曖昧な部分が残ってしまい、お客様に疑問を生じさせてしまうケースがあります。

このようになる業者さんの理由の多くは、
・受注するかどうかも分からないのに手間をかけられない。(効率重視)
・現地調査/見積り作成をした者と説明(商談)をする者が違うため、仕上げ材料の説明と価格の値引き、サービスのことしか伝えられない。(営業マンの場合)
・明記してしまうと”口から出まかせ”が判明してしまう。
・他業者さんへの情報漏洩で間違いを指摘されることを恐れている。

などです。

50代からの賢いリフォーム.COMは、他業者がやらないこと・やりたがらないことを実行して、お客様の「なぜ?」を明確にする取り組みをしています。
定期的なアフターフォローを継続!
外壁塗装が完了するまでではなく、塗装後からがお客様とのお付き合いがスタートと考えている外壁塗装業者は定期的に訪問を行います。

50代からの賢いリフォーム.COMは、1年に1度はお客様のご自宅に顔を出し、気になることはないか、工事箇所に不具合が生じてないかなどを伺い、確認した後、適切な対応をします。