大分のリフォーム、塗装工事、防水工事のスペシャリスト「セーフティ」

40代からの賢いリフォーム.com 運営:有限会社セーフティ
所在地:大分県大分市横尾東町3丁目11番14号
TEL:0120-144-416 お見積り・ご相談依頼はこちら

HOME > 塗装 > 自分でできる我が家の塗り替え時期チェック

自分でできる我が家の塗り替え時期チェック

理想的な塗り替え時期の目安として、一般的には、木・鉄3年、壁8年と言われています。

これらはあくまで理想値ですが、 外壁の素材はもちろん、立地環境、また以前に塗り替えをした時の塗料の種類や施工方法によっても適切な塗り替え時期は変わってきます。

「うちの家の場合はどうなんだろう?」と気になっている方向けに、
どの箇所がどのような状態になったら塗り替えが必要なのか、具体的な症例を掲載します。
まずはご自身の目で、下に掲載している項目を参考に、塗り替えが必要な時期かどうかをご確認してみてください。

確認した結果、気になる症状があったからといって、今すぐ!塗装が必要というわけではありません。ただ、放っておくと深刻な状態になったり、塗り替えだけでは対応が困難になる場合も考えられます。
なるべく早い段階で、信頼できる事業者さんに、相談することをお勧めします!

塗り替えサインのチェック箇所

※チェック内容以上劣化している場合は、塗替だけの対応は困難となる場合があります。

こんな症状が起きていませんか?

  • 壁面の目地部や窓まわりのシール材の隙間や亀裂・剥がれ
  • 壁のひび割れ
  • 手に色の粉がつく
  • 壁のコケやカビ
  • 壁面表面部の傷み
  • 壁面の防水性低下
  • 軒天部のカビ
  • 雨戸パネルの変色
  • 雨樋の変色とサビ
  • 木部の変色
  • ベランダ床面や屋上部表面の傷み
  • 瓦にコケが発生
  • 瓦表面の傷み
  • 瓦の反り
  • 瓦の色あせや汚れの付着

塗り替えずに放置していたら・・・?

屋根や外壁を守る役割をする塗装が劣化したままになると、

・防水性の低下
・外壁・屋根瓦のヒビ割れ
・屋根地・外壁素材の腐食


などが進行していきます。

  • 防水性の低下
  • 外壁・屋根のヒビ割れ
  • 屋根・外壁素材の腐食

特に深刻なのは、雨漏りが発生し、染み込んだ水や湿気により「下地」の腐食が進み、強度が低下していくことです。
ここまで進行してしまうと、屋根地や外壁自体をリフォームしなければ手の施しようがなくなってしまい、放置した結果として莫大な費用がかかってしまうことが予測されます。

早めの対応が費用を最小限に抑える

このように、完全に機能を失ってからでは、屋根・塗装以外の補修やリフォームも必要になり、大掛かりな工事となってしまいます。

早めに家からのヘルプサインを発見し、大事に至らないうちに塗り替えをして家を守る機能を復活させることが重要です。

材質自体が傷んでしまえば、塗装前の処置や処理の工程が増加してその分の費用が必要になります。
材質に痛みが発生する前に塗膜を施してあげれば次回の塗替までの期間を長くすることも期待できますので、できる限り早めの塗替が望ましくなります。

早めの塗替は、補修や改修などの発生費用を抑え、家を健康に長寿命化する秘訣となります。

お電話からのお問い合わせはこちら。0120-144-416(年中無休:受付時間 / 8:00〜20:00) お問い合わせフォーム